【初心者向け】不労所得におすすめの投資方法・副業4つを紹介

こんな悩みや疑問ありませんか?
  • おすすめの不労所得を得る方法を知りたい
  • 投資初心者だけど不労所得を得られるか知りたい

    不労所得で生活したいと考えた投資初心者の中には「結局何から始めたらいいの?」と、疑問を抱いている方も多いでしょう。

    そこでこの記事では、投資初心者でも簡単に始められる、おすすめの不労所得を得る方法と、その特徴メリット・デメリットを解説します。

    そもそも不労所得とは

    不労所得とは、労働によらない(あるいは少ない労働で)得られる所得のことです。

    不労所得でお金を稼ぐには、それ相応の情報収集や知見が必要になります。また、労働をせずにお金が入ってくるようになるまでに、お金が稼げる仕組みを作る必要があります

     つまり、事前の情報収集を含めた「仕組み作り」が万全にできて「労働をせずともお金を稼ぐことができる」という状況を手に入れることができるでしょう。

    この状況を手に入れるまでに、膨大な量の知識とノウハウが必要になります。そして忘れてはいけないのは、労働せずとも収入を得ることができるようになった状況を「維持」しなければいけないというところです。

    実はここが一番大変な部分であり、一旦不労所得ができる状況を整えた人でも様々な原因で維持することが難しくなるケースが多々あります。

    後悔することを避けるためにも、不労所得の手段を慎重に考えましょう。

    不労所得を得ることで享受できるメリット

    不労所得を得ることで享受できるメリットは、主に次のとおりです。

    プライベートな時間を確保できる

    中でも一番大きいメリットとして挙げられるのが、プライベートな時間を作ることができるという点です。

    例えば、自分の趣味や勉強、旅行など、これまでなかなか時間が取れないがために諦めてしまっていたことにチャレンジする余裕が出来るでしょう。

    これまでできなかった経験や新しく得た知識などを利用して、さらに多くの不労所得を得ることにも繋がります。

    好きなことを仕事にできる

    また、仕事をするにしても自分の好きな分野で働くことができるというメリットもあります。不労所得を得ることに成功すれば、必然的に給料以外に一定の収入を得ることになります。

    仕事を選ぶ際は、例え会社や業務の中身が良かったとしても、給与面で働くことを渋ってしまうパターンが往々にしてあるでしょう。

    しかし、仕事を選ぶ際に給与が高いか安いかを基準にする必要がなくなるだけで、選べる仕事の幅はグッと広がります

     労働時間以外で収入を得られる環境が整えられれば、仕事もプライペートも選択肢が広がります。

    不労所得の注意点

    不労所得を得る際には、気をつけておかなければならない注意点も存在します。それぞれ解説していきます。

    労力と時間に対して収入が見合わないケースもある

    不労所得には色々な種類があります。そして中にはかけた労力と時間に対して得られる収入。つまり、リターンが少ないケースもあります。

    まずは、どのくらいの時間とコストがかかるのか見極める必要がありますよ。

    会社が副業を禁止している場合がある

    会社員が本業での収入とは別に、副業として不労所得を得る場合は、勤めている会社が副業自体を禁止していないか事前に必ず確認しましょう。

    副業といっても、会社によってその捉え方は様々です。

    自分が行おうとしている不労所得の形態が、会社の定める規定に違反していないか必ず確認する必要があります。

    「不労所得」を得られるまで時間がかかる

    最後に、不労所得を得るまでに時間がかかってしまうという点も注意すべきです。前述したように、不労所得を得るまでには、かなりの知識やノウハウ、時間が必要になります。

    実際に取り組み始めても、しばらくの間は全く収入が発生しないという状況も多々あるでしょう。

    初心者が不労所得を得るための手順

    ここからは、全くの初心者が働かずに収入を得られる環境を手に入れるために、不労所得を得るための手順を解説します。

    STEP1:投資の予算を把握する

    まずは、自分が不労所得を得るための投資に使える予算を把握することです。

    投資に使える金額を把握しないことによって、自分の生活に影響が出るほどの金額を、投資に使い込んでしまうケースは多々あります。

    その一方、より多くの不労所得を得るためには、初めにある程度大きな金額が必要になるのも事実です。基本的に投資は以下3パターンに分類できます。

    投資3つのパータン
    • ハイリスク・ハイリターン
    • ミドルリスク・ミドルリターン
    • ローリスク・ローリターン

    リスクが高くなるほど得られるリターンも高くなるのが一般的です。とはいえ、自分の生活が維持出来ないくらいの大金を投資につぎ込んでしまうと、後に後悔してしまうことになります。

      自分の給料から生活に必要な金額を差し引いて計算し、残った分から投資を始めるようにしましょう。

    STEP2:目標を定める

    次に、不労所得で稼ぐ金額の目標を決めましょう。目標額を決めることで、実際に投資するための方法や商品を具体化させることができます。ここで設定する目標金額は、ある程度具体的に決めておくことをおすすめします。

    「月に5万円」や「月に10万円」といった具合に、明確に目標金額を設定しましょう。

    また、現時点からいつまでに設定した目標金額に到達するのかも、具体的に考えておくことも大事です。

    例えば、「半年後までに10万円稼ぐ」などです。

      具体的な金額、その金額を稼ぐためにかかる期間を決めておくことで、投資に対してより具体的なイメージを持つことができます。

    自分が用意できる予算に対して、どれくらいのリターンが見込めるかも合わせて考えましょう。

    上記したような事柄を事前に詳しくイメージすることで、実際に投資をしている最中も迷わず取り組めます。このステップは、一番時間と労力を割いて考えるべきだと言えるでしょう。

    STEP3:不労所得を得るための方法を決める

    目標まで定めることができたら、次は不労所得を得るための方法を具体的に決めていきます。

    決めること
    • 投資の予算
    • 目標金額
    • 稼げるまでの期間
    • 具体的な方法

    不労所得を得るための方法は、必ずしも一つに絞る必要は全くありません。 むしろ2つ、3つと分散して投資先を考えることが重要です。

     投資先を2つ以上確保しておくことでリスクの分散ができるメリットがあります。

    ただし、多くの投資先に投資をするということは、時間や労力も増えるということでもあります。

    その分野に関して勉強する時間を予め計画に入れておきましょう。

    おすすめの不労所得4選

    ここまで、投資初心者が知っておくべき不労所得を得るための基礎知識ついて説明してきました。

    いよいよここから、より具体的に不労所得を得るためのおすすめの方法を、5つピックアップして紹介していきます。

    ①不動産投資

    不労所得を得るための方法として、不動産投資がおすすめです。

    不動産投資とは?
    不動産投資とは土地や建物を購入して、それらを賃貸として貸したり、他の誰かに売却したりして収入を得る投資方法です。

    不動産の売却益で不労所得を得る方法は、初心者にはリスクの高いものになります。よってここでは、賃貸として他の誰かに貸し出す際の家賃収入をメインに解説します。

    資金力よりも信用力の方が大事

    不動産投資を行うには、初期投資に使う資金力よりも信用力の方が大事になります。

    家賃収入を得るためには、事前に高いお金を用意して不動産を購入する必要があると思われる方も多いと思います。

    しかし、実は現在家賃収入で不労所得を得て暮らしている人のほとんどが、初めから大金を用意して不動産を購入したわけではありません。実際は、銀行でローンを組んで不動産を購入するという形になります。

    月々の家賃収入で銀行で組んだローンを返済しながら、家賃とローン返済額の差額で不労所得を得ています。

    したがって、初めに必要な初期投資として、そこまでの大金を用意する必要はないのです。

      しかし、銀行でローンを組めなければ、不動産を購入することができないため、投資を始めることはできません。銀行からお金を借りるための能力、つまり信用力が重要になってくるのです。

    不動産投資のメリット

    不動産投資のメリットは以下の2つが挙げられます。

    不動産投資のメリット
    • 年金対策になる
    • 生命保険の代わりになる

      まず、不動産投資のメリットとして、年金の対策になるという点が挙げられます。 日本では少子高齢化が進み、働き手は減る一方で、 年金を受け取る側の人口はどんどん増えていきます。

      そのため、年金の原資が不足してしまい、将来自分が年金を受け取れなくなる未来が来る可能性もあります。

      しかし、不動産投資では物件を貸出している間は、継続的に収入を得ることができます

      年金を仮に老後に収入がなくなってしまった場合にも、心配する必要はなくなります。

      次に、いざという時には生命保険の代わりになる点も、メリットとして挙げられます。

      例えば、不動産を購入してまだローンの支払い途中の際に、銀行で組んだローンの契約者が亡くなってしまった場合、残りのローンを支払う必要がなくなります。

      そして当然ながら、購入した物件がなくなることはありません。よって、そのまま継続して家賃収入を得ることができる、ということになるのです。 

       投資した物件が、ローン契約者の遺族を経済的に助けることができるのも、大きなメリットです。

      不動産投資のデメリット

      不動産投資のデメリットとしては、以下が挙げられます。

      不動産投資のデメリット
      • 物件のメンテナンスにお金がかかる
      • 空室になると収益が発生しない

        不動産投資のデメリットとして第一に、物件のメンテナンスにお金がかかるという点が挙げられます。 建造物は、どうしても時間が経つにつれて、劣化していってしまうという性質があります。

        時間が経つにつれて、不動産の価値や家賃収入が減少してしまうことは避けられません。

        こういった状況を回避するためには、随時お金をかけて建物のメンテナンスを行う必要が出てきてしまうのです。

         また、空室になると収益が一切発生しなくなるという点もデメリットとして挙げられるでしょう。

        大前提として、家賃収入を得るためには、誰かにその物件に家賃を払う住んでもらうことが必要になります。そして、入居者を常に確保するには手間がかかってしまうのも事実です。

         

        空室になることを避けるためにも、不動産管理を委託し、家賃保証契約をすることも検討するといいでしょう。

        ②株式投資

        株式投資は、数ある不労所得を得る方法の中でも、人気のある投資方法です。株式投資の中には、主にデイトレード配当金を目的とした投資といった方法が挙げられます。

        デイトレードとは?
        デイトレードとは、株価の値動きを予想し、株を購入した金額よりも高値で売却することで収益を得る方法です。

        一方で、配当金を狙った投資では、企業が株主に出た利益の一部を分配するという仕組みを利用し、収益を発生させます。こうして得る配当金を、インカムゲインと呼びます。 

         常に株価の値動きを追っていかなければならないデイトレードよりも、インカムゲインを狙った投資の方が、労働せずに収益を得る「不労所得」と言えるでしょう。

        企業や業界の見極めが重要 

        株式投資では、企業や業界の見極めができるかが最も重要な要素となります。間違った企業に投資をしてうと不労所得を得るどころか、損失すら被ってしまう可能性も大いにあります。

         間違った企業に投資をしてうと不労所得を得るどころか、損失すら被ってしまう可能性もあるので注意しましょう。

        株式投資のメリット

        株式投資のメリットとして以下が挙げられます。

        株式投資のメリット
        • 株主優待が受けられる
        • 政治や経済に詳しくなる

          株式投資のメリットには、株主優待が受けられるという点が挙げられます。

          株主優待とは?
          株主優待とは、株主が投資した企業から、その企業の製品や優待券を受け取れることを意味します。

           それぞれの企業によって、株主優待の内容は変わります。

          株式投資家の中には、この株主優待を目的の一つとして投資する人もいるくらいです。

          さらには、政治や経済に詳しくなるという点もメリットとして挙げられるでしょう。

          株式投資で不労所得を得るためには、新聞やネットで情報収集をすることになります。その過程で、政治や経済の最新情報を詳しく知ることもできます。

          株式投資のデメリット

          株式投資のデメリットとしていかが挙げられます。

          株式投資のデメリット
          • 初期投資に比較的多くのお金が必要になる
          • 損失を生む可能性が高い

            株式投資で、ある程度の不労所得を得ようとすると、比較的多くのお金が必要になります。

            企業によっては、最低投資額を高く設定しており、少なくとも10万円程度は用意しておく必要があります。

            また、損失を生む可能性が高いのもデメリットです。企業の株価が、自分が購入したタイミングよりも下がってしまうと、その分損益を被る事になります。

             投資した企業が倒産してしまう可能性あり、株価の価値がゼロになってしまう可能性もあるので注意が必要です。

            ③投資信託 

            投資信託という手段もおすすめです。

            投資信託とは?
            投資信託とは、投資家から集めたお金を専門家が投資・運用し、成果に応じて分配金として報酬を得ることを言います。

            投資家から集めたお金の投資方法は、それぞれの投資信託によって変わります。

            はじめての不労所得に最適

            投資信託は、投資未経験者の「はじめての不労所得」に最適です。投資の専門家が、投資家に代わって投資先を決め運用してくれます。

             投資に関する知識がなくても利用することができるため、投資初心者におすすめです。

            投資信託のメリット

            投資信託のメリットは以下が挙げられます。

            投資信託のメリット
            • 少額から投資を始められる
            • リスクを分散させることができる

              一般的に、投資をするとなると多くの資金を必要とすると思いがちです。しかし投資信託では、最低1万円程度から簡単に投資を始めることができます。

              主婦や学生など、投資に関する知識はないがコツコツ収益を上げたい、と考える人には最適の投資方法です。 

              また、リスクを分散させることができる点も魅力です。通常、分散投資をしようとすると、多くの知識と資金力が必要になります。

              しかし、投資信託を利用すると比較的少額で行え、しかも投資のプロが運用してくれますこの点は、投資信託を始める上で、メリットだと言えるでしょう。

              投資信託のデメリット

              投資信託のデメリットには以下が挙げられます。

              投資信託のデメリット
              • 手数料がかかる
              • 元本保証がされていない

                投資信託のデメリットの一つ目に、手数料がかかるという点が挙げられます。とは言え「自分の代わりに投資をしてくれているんだから、手数料がかかっても仕方ない」と思う方も多いはずです。

                しかし、実は日本の投資信託の手数料は、海外のものに比べて比較的高く、投資家にとってかなりの痛手になります。

                一見利益が上がっているように見えても、手数料がかかるために、結果的に損しているという状況にもなりかねません。

                また、元本保証がされないという点もデメリットです。

                投資信託は、投資のプロに資産運用を任せることができるのが魅力的なのは事実です。

                 しかし一方で、資産運用がうまくいかなければ、購入した時より価格が下がり損してしまう可能性もあります。

                ④アフィリエイト

                最後に、アフィリエイトも不労所得を得るための方法としておすすめです。

                アフィリエイトとは?
                アフィリエイトとは、ウェブサイトやブログを通じて、自分が紹介する商品を読者に買ってもらうことで、歩合で収益が発生する仕組みのことを言います。
                 物を売ることができるメディアの構築に成功すれば、不労所得を得ることができます。

                SEO対策の知識が重要

                アフィリエイトで不労所得を得るためには、SEO対策の知識が重要です。

                SEO対策とは?
                SEO対策とは、検索結果で自社サイトを多く露出をするために行う対策のことです。「検索エンジン最適化」とも呼ばれます。

                自分が運営するメディアをより多くの人に見てもらうためには、ウェブサイトやブログの構成読者を考えた記事構成といった、SEO対策が必要になります。

                アフィリエイトのメリット

                アフィリエイトのメリットとして以下が挙げられます。

                アフィリエイトのメリット
                • 少ない経費で始められる
                • 特別な知識やスキルが必要ない

                  アフィリエイトのメリットはまず、少ない経費で始められる点です。自分でメディアを立ち上げる際に必要な金額がかなり安く、1万円以下で簡単に始めることもできます。

                  さらに、アフィリエイトを始めるだけなら、特別な知識やスキルが必要ない点も魅力です。 

                  今や多くの人が持っているパソコンとネット環境、きちんとした日本語力さえあれば、簡単に参入することができるのはメリットだと言えます。

                  アフィリエイトのデメリット

                  アフィリエイトのデメリットとしては以下が挙げられます。

                  アフィリエイトのデメリット
                  • 不労所得を得るまでにかなり時間がかかる
                  • 一気に収益が下がる可能性があり不安定

                    アフィリエイトのデメリットは、不労所得を得るまでに時間がかかるという点です。

                    個人でWebサイトやブログを運営する場合、アフィリエイトの成果が出るまでに、半年や1年かかることも珍しくありません。

                    また、一気に収益が下がってしまう可能性があるところもデメリットと言えます。

                    Google の検索結果は、 Google の検索アルゴリズムが機械的に決定しています。検索アルゴリズムのアップデートが運営サイトに影響し、サイトの評価が下がった場合、検索順位とともに収益が減少してしまうケースもあります。

                     Google検索アルゴリズム自体が不確定要素となり、安定しない点も覚えておきましょう。

                    【2021年・徹底比較】おすすめの不動産投資会社6選

                    ※入居率は2020年1月9日現在・各社公式HP記載のものです
                    ※入居率は2020年1月9日現在のものです。最新の情報とは異なる可能性があります。
                    ※従業員数・無料セミナー・上場市場などの情報は2020年1月9日現在のものです。最新の情報とは異なる可能性があります。
                    ※業界トップクラス・No.1・高水準・業界最安水準などの表現は各不動産会社公式HP記載の表現です

                    1.デュアルタップ

                    おすすめの不動産投資会社人気No.1デュアルタップ

                    デュアルタップの特徴
                    • 年間入居率99%超の人気
                    • 無料WEBセミナーを開催
                    • 東京23区特化・デザイン性と機能性を備えた高品質物件
                    • 高水準の家賃保証を実現※1
                    • 24時間365日万全のサポート体制
                    • 年間平均入居率99%超え
                    • オーナー専用のWEBサイトを用意
                    • 企画・開発・管理までワンストップサービス
                    デュアルタップは、入居率の高さと充実したサービスが特徴の不動産会社です。
                    デュアルタップでは、企画・開発から管理までをワンストップで提案。さらに、高水準の家賃保証※1やオーナー専用のWEBサイトなど、万全のサポート体制を構築しています。
                    投資用マンション「XEBEC」シリーズには、人気の設備を完備。デザイン性や機能性に優れているのはもちろん、東京23区の一等地・駅から徒歩10分以内と立地も抜群です。
                    また、デュアルタップでは無料セミナーも開催しています。個別面談会も実施しており、初心者でも安心して相談可能です。
                    ※1定期的な賃料の見直し及び借地借家法第32条の規定により賃料が減額される場合があります
                    入居率 97.5%
                    無料セミナー
                    従業員数 137名
                    上場市場 東証二部

                    出典:https://ssl4.eir-parts.net/doc/3469/ir_material_for_fiscal_ym/86915/00.pdf
                    出典:https://www.dualtap.co.jp/

                    2.RENOSY

                    おすすめの不動産投資会社ランキング1位 リノシー

                    RENOSYの特徴
                    • 不動産投資No.1※1の売上実績
                    • 不動産投資会社3部門1位※2の人気
                    • アプリで物件管理

                    RENOSYは「ネットで選ばれている不動産投資会社」「安心・信頼できる不動産投資会社」「友人に紹介しいた不動産投資会社」3部門で1位を獲得しています。

                    入居率は驚異の99.3%ITの活用で業務を徹底的に効率化し、業界最安水準の集金代金手数料で、充実したサービスを実現しています。煩わしい管理業務は一切行わず家賃収入を受け取るだけでOK。初心者でも安心です。

                    ※1東京商工リサーチによる中古マンション投資の売上実績(2020年1月調べ)
                    ※2調査方法:インターネット調査/調査概要:2020年 8月サイトのイメージ調査/調査提供先:日本トレンドリサーチ

                    入居率 99.3%
                    無料セミナー
                    従業員数 521名
                    上場市場 マザーズ

                    3.トーシンパートナーズ

                    おすすめの不動産投資会社ランキング4位 トーシンパートナーズ

                    トーシンパートナーズの特徴
                    • 入居率99.7%と業界トップクラス! 
                    • 供給戸数13,500戸以上を誇る 
                    • オーナー専用窓口で専任スタッフに無料で相談ができる!

                    トーシンパートナーズは、30年以上もの期間で270棟13,500戸を超える物件を供給してきたノウハウやネットワークがあるから、安定した収入を期待できるところが魅力です。

                    オーナー専用の窓口も用意されているので、所有している物件のことのみならず、資産運用やマンション経営に関する相談やライフプランニング全般に関わるアドバイスまで専任者が無料でサポートしてくれます。

                    また、専用アプリも用意されていますので、スマホさえあれば終始管理や書類の確認をはじめ、入出金の管理までフルサポートされるのも、手軽で選ばれている一つの魅力といえます。

                    入居率 99.7%
                    無料セミナー

                    従業員数 376名※令和3年4月1日現在
                    上場市場 非上場

                    出典:https://www.tohshin.co.jp/
                    出典:https://www.m-standard.co.jp/

                    4.グローバル・リンク・マネジメント

                    おすすめの不動産投資会社4位グローバルリンクマネジメント

                    グローバル・リンク・マネジメントの特徴
                    • 紹介・リピート率71.3%
                    • 入居率驚異の99.47%!
                    • マンション経営に関わる すべてのサービスをワンストップで提供

                    グローバル・リンク・マネジメントは、マンション経営に関わる販売や開発のみならず、賃貸の管理や建物管理といったすべてのサービスをワンストップで提供。コンスタントに晩梅や開発をしている企業は、東京都内でも10数社しかありません。

                    2019年には約71.3%が紹介によるリピート購入となった実績があることから、高いサービスの品質と満足度がうかがえます。

                    入居率 99.04%
                    無料セミナー
                    従業員数 114人名
                    上場市場 上場

                    出典:http://www.nihonzaitaku.co.jp/

                    5.日本財託

                    おすすめの不動産投資会社ランキング5位 日本財託

                    日本財託の特徴
                    • 500以上のメディア実績
                    • 全体入居率98.68%・販売分入居率99.07%の人気
                    • 販売から管理、運営まで一貫したサービスを提供

                    日本財託は、販売から管理、運営まで一貫したサービスを提供する不動産投資会社です。日本財託が管理する物件の年間平均入居率は98%以上。全国の平均入居率81%を大きく上回っています。

                    オーナー数8,447人・メディア掲載500社以上、管理戸数23,477戸と実績も十分です。定期的に無料セミナーを開催しており、ネットからの申し込みで誰でも参加できます。

                    入居率 99.07%
                    無料セミナー
                    従業員数 240名
                    上場市場 非上場

                    出典:http://www.nihonzaitaku.co.jp/

                    6.トウシェル

                    おすすめの不動産投資会社ランキング5位 トウシェル

                    トウシェルの特徴
                    • 利用者の90%以上が不動産投資初心者
                    • 全国に対応※一部地域では例外もあるため要相談 
                    • 無料相談後のアンケートで回答者全員にもれなく現金5,000円プレゼント中!!

                    トウシェルは、これから資産形成や運用を始める方を無料でサポートしてくれる資産運用のプロを紹介してくれます。

                    トウシェルの利用者の90%以上は不動産投資初心者であることから、安心して状況に合った最適なプランを提案してもらうことが可能。

                    今なら相談後のアンケートに協力するだけで、回答者にもれなく現金5,000円がプレゼントされるキャンペーンを実施中!お得な今、ぜひ不動産投資や資産形成、運用について無料で相談してみてはいかがでしょうか。

                    出典:https://toucier.com/

                    まとめ

                    投資初心者が不労所得を得るまでの手順と具体的な方法を解説してきました。

                    大きなリターンを得るためには、ある程度のリスクは覚悟しておく必要があります。しかし、その分野に関して、怠らずに勉強をすることで、リスクを最低限に抑えることができます。

                    そして、それぞれの投資方法の強み・弱みをあらかじめ理解しておくことで、さらに失敗するリスクは減るでしょう。

                     この記事ではおすすめの不労所得を紹介しました。自分に合った最適な投資方法を選び不労所得を得るための参考にしてみてください。

                    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
                    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
                    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
                    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
                    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
                    おすすめの記事