【目的別】不動産投資におすすめの相談窓口!失敗しない選び方

不労所得を得る手段として、不動産投資を選ぶ人は少なくありません。しかし、個人での勉強や情報収集の努力では、不動産投資に関するすべてのことをこなすには、不十分なのが事実です。

とは言え、 自分の置かれている状況や、トラブルに対して相談するための窓口を知っておけば、勉強不足による失敗を避けることができます。

こう感じたことはありませんか?
  • 不動産投資はわからないことだらけ…
  • 他人に相談することによるメリットは?
  • トラブルがあった際の相談窓口が知りたい…

そこでこの記事では、「不動産投資におすすめの窓口」について解説すると共に、失敗しないコツや、相談相手を選ぶポイントについても具体的に解説します。

この記事を読めば「不動産投資初心者が知っておくべき相談窓口の全て」が理解できます。ぜひ最後まで読んで、参考にしてみてください。

不動産投資の相談が大事な理由

不動産投資は、投資の初心者でも比較的始めやすい投資方法です。しかし、どうしても事前に不動産に関してある程度の知識、ノウハウが必要になります。

投資の初心者にとっては「自分が何を理解していないのか」すら分からない状況であることも珍しくありません。そんな時に、「不動産に関して相談できる相手がいる」ことによって、さまざまなメリットがあります。

相談相手がいることによるメリット
  • ネット上から得ることができない情報を仕入れることができる
  • トラブルがあった際に的確に素早く対応できる
  • 精神的な負担を減らすことができる

    不動産投資に関して相談相手がいると、効率的な情報収集が可能。より多くの収益に結びつけることが可能になります。また、相談相手は多いに越したことはありません。

    相談相手が複数いることで、様々な悩みに対応できます。自分の置かれた状況や、相談の内容によって、それぞれ相談相手を用意しておくことが重要です。

    不動産投資の相談相手によっては損をしてしまう

    前述したとおり、不動産投資に関する相談相手は、事前に用意しておくことが重要です。しかし、間違った相談先に相談してしまうことによって、自分が損失を被ってしまうケースもあります。

    不動産投資に関する相談は、根本的にお金に関する相談です。相談相手が欲しいからと言って、手当たり次第に相談をしていては、詐欺師のような人に捕まってしまう場合もあります。

    世の中には、悪質と思われる不動産会社や、コンサルティング会社がいないと言い切れません。そういった人たちに騙されてしまうといった状況を、できるだけ避けることが重要です。

     あらかじめ相談相手を選ぶための知識をつけておくことも大事です。

    不動産投資の相談相手を選ぶポイント

    ここまで解説した通り、間違った相談相手を選ぶことで良くない結果を招く恐れがあります。ここからは、自分が損することがないように「適切な不動産投資に関する相談相手を選ぶポイント」を解説します。

    リスクをしっかり説明してくれるかどうか

    直接的な利害関係になってしまう相談先では、「リスクをしっかり説明してくれるかどうか」が非常に大事です。例えば、不動産会社や不動産投資のコンサルティング会社が挙げられます。

    こういった相談先では、その企業に利益が生まれるように、話を持っていく可能性もあります。それ自体は悪い話ではありません。

    しかし、不動産投資家に降りかかるリスクをひた隠しにするような回答しかしない場合は、悪質な相談相手である可能性が高いので注意しましょう。

    このように、不動産投資家側がリスクを把握しないまま、相談に対する回答を鵜呑みにして投資してしまったがために、結果的に損してしまうというケースも少なくありません。

     不動産投資の相談相手を選ぶときは、「良い点」と「悪い点」のどちらも具体的に説明してくれる人に相談するようにしましょう。

    不動産投資に関する資格の有無

    「不動産投資に関する資格を持っているかどうか」も相談相手を決める際に、良い指標になります。不動産投資に関する資格には、宅地建物取引士や不動産実務検定などがあります。

    資格 概要
    宅地建物取引士 宅地建物取引業法に基づき定められている国家資格者。「契約締結前に行う重要事項の説明」「重要事項説明書面(35条書面)への記名押印」「契約内容を記した書面(37条書面)への記名押印」は、宅地建物取引士しか行えない業務です。
    不動産実務検定 日本不動産コミュニティ(J−REC)が運営する日本初の不動産投資専門の資格。

    公式サイトの文言によります

    これらの資格を持っているかどうかによって、相談相手が「不動産に関してどれほどの知識を持っているか」を知ることができます。

    不動産投資を始めるなら!おすすめの相談窓口4選

    ここまで、不動産投資に関する相談相手を選ぶポイントを解説してきました。ここで「具体的にどういった相談先があるの?」と思った方も多いはずです。

    そこでここからは、不動産投資を始めるにあたって、ぜひ利用したいおすすめの相談窓口を4つピックアップして紹介します。

    ①不動産投資会社

    まず最初に不動産投資会社です。 不動産投資会社は実際の物件の内覧契約収支計算など、不動産投資を行う上で欠かせない存在です。

    不動産を商品として取り扱っているため、不動産業界の動きや最新情報にも詳しいです。

    不動産投資家が悩みがちな事柄についても、相談に乗ってくれます。

    注意点:不動産投資家との間に利害関係が生まれてしまう

    不動産投資会社に相談するデメリットとしては、利害関係が発生してしまうというところです。 

    不動産投資会社は、最終的には不動産投資家に物件を購入してもらうことが目的です。担当者によっては、紹介する物件のリスクやデメリットを不動産投資家に伝えず、メリットばかりを並べるケースもゼロではありません。

    こういった状況を避けるためには、事前に相談する不動産投資会社が、信頼に値するかどうか下調べしておくことが必要になります。

     現在では、ネット上のレビューや口コミ、実績で、その不動産投資会社に対する評価をある程度把握することが可能です。

    不動産投資で損をしないためにも、あらかじめ相談を持ちかける不動産投資会社を、適切に選ぶことが重要になります。

    ②不動産投資コンサルティング会社

    次におすすめしたい不動産投資に関する相談窓口は、不動産投資コンサルティング会社です。

    不動産投資コンサルティング会社には、不動産投資に関するプロフェッショナルが在籍しています。

    コンサルティング会社は不動産投資に関する様々な資格を有しており、不動産に関するあらゆる悩みを相談することができます。

    注意点:中には商品を買わせようとしてくる企業も存在する

    不動産投資コンサルティング会社を利用する時は、 利害が発生する関係性であるということを忘れてはいけません。

    つまり、一部のコンサルティング会社は商品を購入させたり、建設会社を紹介するなど、会社の意向で動いているケースもあるということです。

    実際、不動産投資コンサルタントとして業績を上げれば、歩合で多額の報酬が発生しているというケースもあります。おすすめしてくるものすべてが悪いものであるとは言いませんが、最低限注意しておきましょう。

     お金が関わってくることになるので、十分な注意が必要です。

    ③ファイナンシャルプランナー

    その他の相談窓口としては、ファイナンシャルプランナーもおすすめです。ファイナンシャルプランナーは、”FP”と略される、お金に関する事柄を専門に相談に乗ってくれるプロフェッショナルです。

    ファイナンシャルプランナーに相談する際の最大のメリットは、不動産投資家と何の利害関係もない立場にあるということです。

     不動産投資家の経済状況や投資状況を第三者の目線で分析し、最適な投資プランを提案してくれます。

    注意点:不動産のプロフェッショナルではない

    ファイナンシャルプランナーに相談するデメリットとしては、彼らはあくまでお金に関する専門家であり、不動産に関する専門家ではないということです。 

    不動産投資の中身に関する具体的なアドバイスを求めても適切な回答が返ってこない場合もあります。

    また、ファイナンシャルプランナーから、「現在行なっている不動産投資はやめたほうがいい」というアドバイスを受ける場合もあるでしょう。

    しかし、これは「利害関係のない第三者ならではの意見」だとポジティブに捉えることもできます。時には不動産投資に固執するべきではなく、他の投資方法が自分に合っていると気づくことができるかもしれません。

    ファイナンシャルプランナーから不動産投資に関するアドバイスを受けたければ、不動産投資に精通しているファイナンシャルプランナーを探すこともおすすめです。 

    ④不動産投資の経験者

    最後にお勧めしたい不動産投資に関する相談窓口は、不動産投資の経験者です。すでに不動産投資を経験している人による経験談やアドバイスは、不動産投資を効率的に進めていく上で良い参考になります。

    不動産投資経験者でないと知らない情報を持っている

    不動産会社や、不動産投資に関するコンサルティング会社とのうまい付き合い方、具体的な価格交渉の方法など、他の相談先からは仕入れられないような情報を得ることができます。

    ローンを組んだ時の精神的な負担や、リスクに関する相談事など個人投資家ならではの悩み相談もすることができます。

    注意点:自分の状況と近い不動産投資経験者を探すのがベスト

    一方でデメリットとしては、それぞれの不動産投資家で置かれている状況が異なるので、常に適切なアドバイスが得られるとは言えないことです。

    資金や物件の種類、管理方法など基本的に不動産投資家ごとに違ってきます。

    効率的に自分にとって良い回答を得るためには、より「自分の置かれている状況に近い不動産投資家」を相談相手に選ぶことがポイントです。

    不動産投資で詐欺?トラブル時の相談窓口3選

    これまで、「不動産投資を始めるにあたって利用したい相談窓口」について解説してきました。しかし、実際に不動産投資を始めた後にも、不動産に関するトラブルはつきものです。

    世の中には、お金の匂いを嗅ぎつけて集まってくる、詐欺師のような方がいることも否定できません。

    そして、「そういったトラブルに適切に対応できるかどうか」が不動産投資で得られる収益の多さを、大きく左右します

    ここからは、不動産に投資をしている過程で発生する「トラブルを対処するための相談窓口」を、3つピックアップして紹介します。

    ①行政書士

    まずはじめに、行政書士への相談がおすすめです。 行政書士は「街の法律家」とも呼ばれます。

    不動産投資で発生する、法的な書類の作成を代行してくれます。

    法的な手続きに関するトラブルの相談窓口

    また、相談するタイミングとしては、法的な手続きのやり方に困った時になるので覚えておきましょう。行政書士からは、利害関係の発生しない中立な立場で、司法に関する助言を得ることができます。 

    例えば、不動産の投資家がなくなってしまった場合、相続に関する法的な手続きが発生します。

    事前の遺言書の作成や任意売却に関してなど、未経験者であれば誰もが困惑してしまうでしょう。 

    相続に関しては親族関係を壊してしまう原因にもなりかねません。事前にその分野のプロである行政書士に相談しておくことでこういったトラブルを回避することができます。

    ②弁護士

    次に、弁護士への相談がおすすめです。弁護士は、利害関係の発生しない中立的な立場から、不動産に関する様々なトラブルの相談に乗ってくれます。

    誰かと揉め事になった時の相談窓口

    不動産投資家の場合、主に不動産に関するトラブルに「相手方」がいる場合に悩みを相談することになります。

    不動産投資に関するトラブルは、不動産の売買や賃貸契約など、他人と揉め事になる場合がとても多いです。

    しかし、トラブルを個人で解決しようとすると、どちらかの立場に優劣が発生してしまうことも多々あります。結果的に不動産投資家側が、被害や損益を被ってしまう場合も往々にしてあるでしょう。

    そして、気をつけたいのが、トラブルになった相手が不動産に関するプロフェッショナルだった場合です。

     不動産投資会社や不動産投資コンサルティング会社がトラブル相手の場合、個人の知識では不利になるケースもあります。

    そして、トラブルの相手方からしても、こちらが法律の専門家である弁護士を用意してないと分かったら、高圧的な態度で取引に臨んでくる可能性もゼロではありません。

    金銭トラブルに巻き込まれると、多くの負担を抱えてしまいます。そこで、お金こそかかるものの弁護士に相談することで、負担を減らせる可能性があります。

    弁護士を雇うと多額の手数料が発生してしまいます。しかし、弁護士を雇うことで避けられるリスクや負担を考えると、利用することも有効ですよ。

    ③税理士

    最後に、税理士に相談することをおすすめします。税理士は税金関連の相談に適しています。

    税金に関するトラブルの相談窓口

    不動産投資家の中には、節税することが目的で投資を行っている人もいるでしょう。しかし、税金に関する知識は非常に複雑です。税金について幅広い知識がない方も多いのではないでしょうか。

    税理士は、税金に関するプロフェッショナルです。税金に関する困りごとであれば、税理士ほど心強い相談相手はいません。

    不動産投資もその規模が大きくなると、書類作成等の手続きが複雑になり、個人の投資家では抱えきれない量の業務が発生する場合があります。

    複雑な状況下では、正しい税金の知識を持ち合わせていないがために、過剰に納税してしまったり、不動産投資家が不利益を被ってしまうパターンがあります。

     事前に相談できる税理士を用意しておくことで、税金で損するリスクを回避することが可能でしょう。

    また、確定申告に関しても同様のことが言えます。通常企業に勤めている会社員であれば、自分で全ての手続きを行った経験はないはずです。

    実際、申告する内容をまとめたり、書類を作ったりすることには、かなりの手間がかかってしまいます。

    有限な時間を有効活用したい方は税理士に相談することもおすすめですよ。

    【2021年・徹底比較】おすすめの不動産投資会社6選

    ※入居率は2020年1月9日現在・各社公式HP記載のものです
    ※入居率は2020年1月9日現在のものです。最新の情報とは異なる可能性があります。
    ※従業員数・無料セミナー・上場市場などの情報は2020年1月9日現在のものです。最新の情報とは異なる可能性があります。
    ※業界トップクラス・No.1・高水準・業界最安水準などの表現は各不動産会社公式HP記載の表現です

    1.デュアルタップ

    おすすめの不動産投資会社人気No.1デュアルタップ

    デュアルタップの特徴
    • 年間入居率99%超の人気
    • 無料WEBセミナーを開催
    • 東京23区特化・デザイン性と機能性を備えた高品質物件
    • 高水準の家賃保証を実現※1
    • 24時間365日万全のサポート体制
    • 年間平均入居率99%超え
    • オーナー専用のWEBサイトを用意
    • 企画・開発・管理までワンストップサービス
    デュアルタップは、入居率の高さと充実したサービスが特徴の不動産会社です。
    デュアルタップでは、企画・開発から管理までをワンストップで提案。さらに、高水準の家賃保証※1やオーナー専用のWEBサイトなど、万全のサポート体制を構築しています。
    投資用マンション「XEBEC」シリーズには、人気の設備を完備。デザイン性や機能性に優れているのはもちろん、東京23区の一等地・駅から徒歩10分以内と立地も抜群です。
    また、デュアルタップでは無料セミナーも開催しています。個別面談会も実施しており、初心者でも安心して相談可能です。
    ※1定期的な賃料の見直し及び借地借家法第32条の規定により賃料が減額される場合があります
    入居率 97.5%
    無料セミナー
    従業員数 137名
    上場市場 東証二部

    出典:https://ssl4.eir-parts.net/doc/3469/ir_material_for_fiscal_ym/86915/00.pdf
    出典:https://www.dualtap.co.jp/

    2.RENOSY

    おすすめの不動産投資会社ランキング1位 リノシー

    RENOSYの特徴
    • 不動産投資No.1※1の売上実績
    • 不動産投資会社3部門1位※2の人気
    • アプリで物件管理

    RENOSYは「ネットで選ばれている不動産投資会社」「安心・信頼できる不動産投資会社」「友人に紹介しいた不動産投資会社」3部門で1位を獲得しています。

    入居率は驚異の99.3%ITの活用で業務を徹底的に効率化し、業界最安水準の集金代金手数料で、充実したサービスを実現しています。煩わしい管理業務は一切行わず家賃収入を受け取るだけでOK。初心者でも安心です。

    ※1東京商工リサーチによる中古マンション投資の売上実績(2020年1月調べ)
    ※2調査方法:インターネット調査/調査概要:2020年 8月サイトのイメージ調査/調査提供先:日本トレンドリサーチ

    入居率 99.3%
    無料セミナー
    従業員数 521名
    上場市場 マザーズ

    3.トーシンパートナーズ

    おすすめの不動産投資会社ランキング4位 トーシンパートナーズ

    トーシンパートナーズの特徴
    • 入居率99.7%と業界トップクラス! 
    • 供給戸数13,500戸以上を誇る 
    • オーナー専用窓口で専任スタッフに無料で相談ができる!

    トーシンパートナーズは、30年以上もの期間で270棟13,500戸を超える物件を供給してきたノウハウやネットワークがあるから、安定した収入を期待できるところが魅力です。

    オーナー専用の窓口も用意されているので、所有している物件のことのみならず、資産運用やマンション経営に関する相談やライフプランニング全般に関わるアドバイスまで専任者が無料でサポートしてくれます。

    また、専用アプリも用意されていますので、スマホさえあれば終始管理や書類の確認をはじめ、入出金の管理までフルサポートされるのも、手軽で選ばれている一つの魅力といえます。

    入居率 99.7%
    無料セミナー

    従業員数 376名※令和3年4月1日現在
    上場市場 非上場

    出典:https://www.tohshin.co.jp/
    出典:https://www.m-standard.co.jp/

    4.グローバル・リンク・マネジメント

    おすすめの不動産投資会社4位グローバルリンクマネジメント

    グローバル・リンク・マネジメントの特徴
    • 紹介・リピート率71.3%
    • 入居率驚異の99.47%!
    • マンション経営に関わる すべてのサービスをワンストップで提供

    グローバル・リンク・マネジメントは、マンション経営に関わる販売や開発のみならず、賃貸の管理や建物管理といったすべてのサービスをワンストップで提供。コンスタントに晩梅や開発をしている企業は、東京都内でも10数社しかありません。

    2019年には約71.3%が紹介によるリピート購入となった実績があることから、高いサービスの品質と満足度がうかがえます。

    入居率 99.04%
    無料セミナー
    従業員数 114人名
    上場市場 上場

    出典:http://www.nihonzaitaku.co.jp/

    5.日本財託

    おすすめの不動産投資会社ランキング5位 日本財託

    日本財託の特徴
    • 500以上のメディア実績
    • 全体入居率98.68%・販売分入居率99.07%の人気
    • 販売から管理、運営まで一貫したサービスを提供

    日本財託は、販売から管理、運営まで一貫したサービスを提供する不動産投資会社です。日本財託が管理する物件の年間平均入居率は98%以上。全国の平均入居率81%を大きく上回っています。

    オーナー数8,447人・メディア掲載500社以上、管理戸数23,477戸と実績も十分です。定期的に無料セミナーを開催しており、ネットからの申し込みで誰でも参加できます。

    入居率 99.07%
    無料セミナー
    従業員数 240名
    上場市場 非上場

    出典:http://www.nihonzaitaku.co.jp/

    6.トウシェル

    おすすめの不動産投資会社ランキング5位 トウシェル

    トウシェルの特徴
    • 利用者の90%以上が不動産投資初心者
    • 全国に対応※一部地域では例外もあるため要相談 
    • 無料相談後のアンケートで回答者全員にもれなく現金5,000円プレゼント中!!

    トウシェルは、これから資産形成や運用を始める方を無料でサポートしてくれる資産運用のプロを紹介してくれます。

    トウシェルの利用者の90%以上は不動産投資初心者であることから、安心して状況に合った最適なプランを提案してもらうことが可能。

    今なら相談後のアンケートに協力するだけで、回答者にもれなく現金5,000円がプレゼントされるキャンペーンを実施中!お得な今、ぜひ不動産投資や資産形成、運用について無料で相談してみてはいかがでしょうか。

    出典:https://toucier.com/

    まとめ

    ここまで不動産投資におすすめの窓口や相談相手の選び方、失敗しないためのコツについて解説してきました。

    不動産投資で収益を得るためには、膨大な量の知識と経験が必要になります。しかしそれら全てを自分一人で抱え込むには難しい部分もあるかと思います。

    確かに、他の誰かにお金に関することを相談する上で、詐欺師のような人にあたったり、結果的に損をしてしまうパターンも少なくありません。

    しかし、そういった相談すべきでない人を判断する能力は、自分の勉強次第で養えるものです。自分で何から何まで勉強して対応していこうと思わずに、相談できる相手を見つけるよう努力しましょう。

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事