03

これからも疑問があればすぐに解消してくれるだろうと、信頼しています。

XEBECシリーズ購入 / 節税対策として購入
公認会計士

マンションオーナーになったのは偶然でした

ー不動産投資に関心を抱いたきっかけは何でしょうか。

もともとは「不動産投資」というより、「不動産」に興味がありました。関西から東京へ引っ越してくる際に、賃貸で住むよりも購入した方が経済的では?と思い、色々と調べはじめたのが「不動産」に興味を持ったきっかけです。
その後、自分で分譲物件を探して、晴海に自宅としてマンションを購入しました。もちろん自分がそこに住みたいという気持ちが強かったですが、一方でマンション自体の値上がりにも期待していました。いずれ手放すことを考えていましたからね。

ー晴海のマンションがオーナーになるきっかけだったんですね。その後、賃貸に出されたんでしょうか。

しばらくしてから生活環境の変化に伴ってそのマンションを賃貸に出すことになりました。売却と悩みましたが、好条件で賃貸に出せることになりましたので。でも、もし良い売却条件がついていれば売却していたでしょうし、オーナーになることはなかったと思います。ですので、こうして不動産投資に関心をもつこともなかったかもしれませんね。そういう意味では「マンションオーナー」になったのは偶然だったんだと思います。実際、オーナーになった時は、今ほど賃貸経営や節税についての知識もなく、単に月々キャッシュが入ってきて魅力的だなと感じていたくらいでした。

プロの方が相談相手になったくれたことは大きかったです

ーでは、その「不動産投資」に興味を持ったことについて、詳しく聞かせてください。

「不動産投資」に興味を持ったのは比較的最近です。不動産投資は「月々キャッシュが入ってくる」もので、かつ「税金がかかるもの」という認識でした。ですので、デュアルタップの担当の方からお話を頂いた時には、最初は「1件持っているから、2件目はまだいいかな。」と考えていました。

ータイミングが悪かったですね…。けれど、その話を伺えたおかげで、わたくしも、ニーズを満たせすことのできる提案に変えないといけないと、頭を切り替えることができました。

担当の方のご提案は私のニーズにはまっていましたね。不動産投資が「節税」になるという認識は恥ずかしながら当初の私にはなかったですので。あと、晴海のマンションのことについても相談できたことは大きかったです。わからないことはプロの方に聞くのが一番早いですし、私に足りない不動産の知識や情報を適切に補ってくれました。

ーありがとうございます。少しでもお役に立てたのであれば嬉しい限りです。

私が、最初晴海のマンションの話ばかりするので、担当の方も最初はデュアルタップの物件の説明はほとんどされなかった記憶があります。親身になって相談にのってくれたことで、まずそこで私の中に信頼を醸成できたのかしれません。はじめからデュアルタップの物件を勧められただけだったら、もしかしたら私は契約をしていなかったかもしれません。

今では、営業マンというより信頼できる「相方」という感じです

ーその際、営業担当の対応はいかがでしたか。

営業担当の方には、正直最初は会う気もありませんでした。しかし最初の短時間のアプローチの中で、瞬時に私に足りていなかった専門知識を理解・咀嚼し、補ってくれました。ただ「商品を売るため」ではなく「私自身のため」に相談にのってくれて、最適な提案は何かを熟慮してくれました。不動産投資にかかるコストや、知識・情報等を得ることはなかなか難しいため、詳しい方からお話を聞けたのはとても信頼できました。

ー不動産は誤解が多いため、まずはご理解いただきたかったので、自身の状況に当てはめて 考えていただきたかったです。

それから複数回お会いする中で、何と言ってもレスポンスが早いことがとても有難かったです。私が何か疑問や問題を抱えたときも、いつもボールをすぐに受け取ってくれて、その趣旨を理解し、咀嚼し、最適な解を最短で提供してくれます。私に起因するトラブルがあった際も、直接の責任がないのにも関わらず真摯に対応頂き、アフターケアも真摯に対応して下さっています。これから私に疑問やトラブルが起きても解決してくれるんだなとさえ思えます。今後とも是非よろしくお願いします。

シミュレーションは損得に直結するので、その重要性を改めて認識していただきたいです

ーでは、担当だけではなく、デュアルタップへ期待することや、アドバイスがありましたらお願いします。

営業担当の方がお見せするシミュレーションは、もう少し柔軟にされた方がよいかと思います。

ーご自身でもシミュレーションをされていましたが、数値のズレがありましたね…。

私は自分で数字を検証しないと納得できない性格ですので、独自にシミュレーションを行いました。Excelレベルですけどね。ただ、私のシミュレーションと比較すると、減価償却や土地と建物の価格按分とかが違っていたり、ふるさと納税や予定納税が入力できなかったり、柔軟じゃない点が多い印象がありました。確かに税金計算や確定申告はオーナー個人が責任をもってやることですので、私が柔軟に対応すればよいことですが、ただ、提案された還付金額がちゃんと計算した金額より低い金額となっており、私はそこに強い違和感を覚えました。もし仮に提案して頂いた金額で申告していたら、私は得られる利得を見過ごしていたということになりますので。やはり”損”はしたくないですからね。

ー我々もシステムを信用しきっていて、正確な数値でご提案できていないことに気付かせていただきました。

税金計算はキャッシュに直結するので慎重にやらないといけないというのが鉄則だと思っています。私も公認会計士という職業上、数字を見るのは困難ではなかったですが、普通の人はここまでしないですもんね。最初は鬱陶しくなかったですか?

ー最初は正直ビックリしましたね。でもここまでやってこそ正確な提案ができるんだと改めて感じました。真摯に向き合うってこういうことなんだって。

自分でしっかり勉強し、知識をつけ、任せきりにしないことが大切だと思います

ー最後に、これから不動産投資を始めるかたに何かアドバイスがありましたらお願いします。

潜在的に『不動産投資をしたい』と、考えている人は多いと思います。けれど、どうしても不動産の話は、専門知識や専門用語が多く、なんとなく不安で信用できないものだと感じてしまうのではないでしょうか。
「これをやったら儲けます。」と言って、良いとこだけを言ってくる営業マンは多いですが、それだとやはり、受け取る側は、しっくりこなくて不安が積み重なります。
良い営業マンと一緒に疑問や課題を解消して信頼を積み重ねること、そして、まかせきりにしないで、自分でもしっかり勉強して知識を付けること、納得できるまで妥協しないことが大切だと思います。

―ありがとうございます。我々もしっかり精進して参ります。

―営業担当から村田様へひとこと

村田さんの性格を一言で表現すると「理論派かつドラスティック」です。しっかりと理論を大事にして裏付けをとるからこそ、自分の信じた事には決断力を持って進める方かと思います。今後は可能な限り物件を増やしたいとおっしゃって下さっている一方で、出口にも不安を持たれていたり、東京以外の物件にも興味を持たれています。まだまだ不動産投資を始められたばかりで、皆様と同じように、持ち始めてからが一番興味を持たれる時期です。営業担当としては不動産に興味を持って頂くことは冥利につきますが、全ての判断において、裏付けを大事にすることを是非これからもご継続なさって下さい。不動産投資の成功にも失敗にも必ず「意味・理由・目的」があります。そして、背景を大事にすれば、不動産投資は人生を無限大に豊かにしてくれます。
不動産投資はあくまでも目的ではなく手段になりますので、不動産投資という手段を活かして、今後より一層のご活躍を願っております。私も力の限りサポートさせて頂きます。