株主・投資家の皆様へ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。株式会社デュアルタップは、当期で創業15年目を迎え、東京23区の駅から徒歩10分以内の立地に特化した不動産の企画・開発を主力事業として、賃貸管理、建物管理、海外不動産など、積極的に事業を拡大し、総合不動産企業として成長を続けております。

当社で企画・開発を手掛けた資産運用型マンション「XEBEC(ジーベック)」シリーズは、東京23区内を中心に累計67棟2,183戸(2021年6月末現在)となり、個人のマンションオーナー様をはじめ、私募REITや事業法人など多くのお客様にご支持いただいております。当社グループの属する資産運用型マンション市場では、感染症の拡大防止策等により、東京への人口流入や給与所得の悪化による賃料の伸び悩み傾向にあり、繁華街の賃料下落が懸念されます。しかしながら、ワクチン接種の拡大やエアラインの再開等により経済活動に復活の兆しも見え始めました。中長期的には、東京23区では継続する人口流入により、賃料が緩やかに上昇し、入居率は高水準を維持するものと考えます。今後も、賃貸マンションの需給バランスが急激に変化することは想定されないことから、引き続き不動産販売事業を主力としつつ、より強固な事業基盤と成長を目指して多角化に取り組む所存でございます。

当社は「笑顔創造企業」をミッションとして掲げております。資産としての不動産という視点を明確に「持っていて良かった」と思える不動産を開発し、これからもお客様の幸福に貢献したいと考えております。

株主・投資家の皆様におかれましては、今後とも一層のご支援ご指導を賜りますよう、ここにお願い申し上げます。

代表取締役社長
臼井 貴弘