JPX 東証上場証券コード
3469

フリーコール 0800-919-7779

フリーコール 0800-919-7779

プロフェッショナル

お客様の最適なマンション投資を実現するために
オーダーメイドの投資プランを提案

投資用マンションの最適な購入プランは、お客様の年齢や家族構成、職業、年収、資産構成などによって異なります。単に物件の購入をお勧めするだけではなく、お客様にとってベストの投資になることを目指して、一人一人にマッチしたオーダーメイドの投資プランを提案しています。

プロフェッショナルイメージ

マンション投資には、不動産だけではなく、資産運用や税務の知識が必要
さらに、年金や保険に詳しくなると、マンション投資の優位性が見えてきます

スタッフイメージ

それぞれの専門家に代わって、デュアルタップの営業スタッフが
お客様一人一人と直接向き合い、マンション投資に必要な知識を
プロフェッショナルとして提供しています

投資には、資産運用や税金などの知識やノウハウが必要です。投資を成功させるためには、金融に関する専門的な知識を身につけたり、さまざまな専門家に相談したりすることが不可欠です。
インターネット全盛の時代において、当社ではお客様一人一人と直接向き合い、マンション投資を理解いただいてから、ご購入いただきたいと考えています。マンション投資に必要となる知識を営業スタッフを通じて惜しみなく提供し、お客様の資産形成をサポートしています。

マンション投資に必要な知識を提供

資産運用
低金利時代が続く日本では、貯蓄によって資産を増やすことは難しいのが現状です。投資商品には株式や投資信託、FX、先物取引といったものもあり、リスクやリターン、運用に掛かる手間などが異なります。こうした投資商品の持つ特性やマンション投資との比較をご説明しています。
税金
マンション投資は、資産形成とともに節税が図れることがメリット。マンション投資によって、不動産所得がマイナスになると、所得税や住民税が軽減できます。また、相続税対策では、現金や株式などの有価証券は時価の評価です。これに対して、マンションは時価の6割程度の評価になることが多く、さらに賃貸物件は評価額が軽減されます。マンション投資で、節税ができる理由をご説明するとともに、どの程度の節税効果が期待できるのか、お客様の個々のケースに即して算出しています。
年金
公的な年金だけでは、老後の生活資金が十分とは言えません。投資用マンションの購入は、老後の生活資金を確保するための年金代わりになります。しかし、どのくらいの年金がもらえる予定で、老後の生活資金はどの程度用意しておくべきか、把握されていない方が大半です。現状の年金制度での年金の受給額の見込みや資産構成、ライフスタイルなどをもとに、老後の生活資金として必要な額を算出し、マンション投資プランに反映します。
保険
ローンを利用してマンションを購入すると、団体生命信用保険が付帯しているため、万が一、返済中に亡くなったときには、ローンの残額の支払いが免除されます。家族にマンションを資産として残すことができるため、生命保険の代わりに購入されるかたもいらっしゃいます。投資用のマンションを購入した場合と、同額の保障を生命保険で賄う場合に必要となる保険料の負担額を算出しています。

お客様に最新の情報を提供するために、
私たちは日々研鑽を積んでいます

当社では、定期的に社内勉強会を実施するなど、お客様にマンション投資に関する最新の情報を提供できるように、日々知識の向上に務めています。 社内勉強会のテーマは、税理士などの専門家を招いて、節税や生命保険に関する知識を深めるものや、マンション投資や不動産に関わる法律に関する知識など多彩です。海外の不動産投資に関する最新の動向を知るため、欧米の最新の金融情勢の勉強会や海外投資家との意見交換会なども、随時実施しています。
また、宅地建物取引士をはじめ、不動産や資産運用のプロとしての資格、ファイナンシャルプランナーなど、各種資格取得の支援制度も設け、専門的な知識を習得しています。

ページトップ